フィルム加工に用いられるプレス加工・その他加工の種類について

フィルム加工では多くの加工法があります。ここでは様々な加工法を紹介していますのでそれぞれ気になる加工法があれば、リンク先から詳しくチェックしてください。

打ち抜き加工

いわゆる「抜き加工」ですが、形状等によって打ち抜き加工と呼ばれています。クッキーの型をイメージすると分かりやすいのではないでしょうか。他にもダイカットやプレス、断裁といった名前が用いられることもありますが、基本的には「穴を開ける」工法となっています。オールカットやハーフカット、トムソン抜きといった加工が有名で、さらにトムソン抜きには様々な刃が用いられる等、幅広い加工が可能な手法となっています。

打ち抜き加工について
詳しく見る

ラミネート加工

フィルム・テープをそれぞれ貼り合わせることで複層とする加工方法です。ラミネート加工という名称に馴染みがないとしても、食品等、我々の身近なところで用いられている加工法で、特にレトルト食品に多く採用されている加工法です。

また、書籍にも多く採用されています。紙の弱点である防水性能・耐性を高める点、上質感や高級感を付与できる点から広く用いられている加工法となっています。こちらもホットラミネートやコールドラミネート等、様々な加工法に分類できます。

ラミネート加工について
詳しく見る

レーザー加工とは

レーザー加工とは、高エネルギー密度のレーザーを照射することで対象物を融解させるものです。大きなエネルギーによって融解させることができる点を活かしてフィルムやテープを加工する手法です。高精度な微細加工だけではなく、大型サイズの加工にも対応しているなど、従来のフィルム・テープ加工では難しいサイズにも対応しています。

レーザー加工について
詳しく見る

カッティングプロッター加工

切文字加工とも呼ばれている手法で、シート状の素材をカットし、窓ガラスや車両、壁面に装飾としてだけではなく、広告として使用することも多いもので、グリットローリングタイプやフラットベッドタイプが用意されており、それぞれ異なる用途に対応しています。

カッティングプロッター加工
について
詳しく見る

サンドブラスト加工

細かな粒子を表面に凹凸をつける加工法のことで、マットな仕上がりになります。被写体との密着性を高められるだけでなく、形状転写を付与できるなどのメリットもあるでしょう。ラベルや電子部品の製造工程、樹脂成型品など幅広く用いられています。

サンドブラスト加工について
詳しく見る

短納期で高機能フィルム加工が
可能な加工メーカー3選はコチラ

スリット加工

紙・フィルム・不織布など様々な製品に対応できる加工法で、シート状に巻き取られた素材を巻き戻しながらスリットを入れ、再びロール状に巻き取る加工です。シェア刃・丸刃・レザー刃などがあり、レコード巻きやトラバース巻きなどに分類されます。

スリット加工について
詳しく見る

エンボス加工

フィルムの表面に熱や圧力を加えることによって、デコボコに加工を施すことです。デザイン性が高まるだけでなく、剥離力アップやつや消し・マット加工などのメリットがあるでしょう。デザインも様々なタイプがあり、ニーズに合ったものを選択可能です。

エンボス加工について
詳しく見る

コロナ処理

コロナ処理とは、フィルムなどの表面に高周波をあてる処理方法です。コロナ処理を行うと、どんな効果があるのでしょうか。ここでは、コロナ処理とは何か、基礎知識や用途、コロナ処理で注意すべきポイントを解説しています。

コロナ処理について
詳しく見る

蒸着

アルミなどの金属を真空中で加熱・蒸発させ、気化したものをフィルムの表面に付着させる加工方法です。フィルムにバリア性や光遮断性を持たせられるため、食品から精密機器まで、様々な分野で利用されています。

蒸着について
詳しく見る

ピナクル型加工

ピナクル型加工は、打ち抜き加工の一種です。金属板がベースになっており、金属でできているため、抜き断面につなぎ目がなく精度の高い仕上がりになります。薄い製品の加工に適しており、基盤やゴムパッキンなどの加工に使用されています。

ピナクル型加工について
詳しく見る

最短当⽇出荷・
⾼機能フィルム加⼯可能な
プレス加⼯メーカー3選

難加工対応の実績で選ぶなら

オーティス

オーティス株式会社公式サイト
引用元:オーティス株式会社公式サイト
https://otis-group.com/
対応業界
  • 情報機器
  • エネルギー
  • 自動車
  • 医療
  • 半導体
  • 家電
  • 建材
加工精度

公差実力値±0.05mm程度(素材・形状による) 参照元:オーティス公式HP(https://otis-group.com/blog/290/

試作納期

社内保有素材の場合は最短即日納品可能(目標6時間)

特徴1

自社開発の生産設備を多数持ち、金型・治工具の内製化ができる体制により、開発・試作~量産と、製品開発を段階ごとにサポートできる。

特徴2

今後、より求められる技術ニーズを捉えた、フィルムや金属箔などの加工実績があり、歩留まりの改善・難加工材への対応を実現

オーティスの
特徴を詳しく紹介

オーティスに
フィルム加工を相談する

電話で問い合わせる

高クリーンレベルで選ぶなら

シーエステック

シーエステック株式会社公式サイト
引用元:シーエステック株式会社公式サイト
https://www.cstec-jp.com/
対応業界
  • 情報機器
  • エネルギー
  • 自動車
  • 医療
  • 半導体
  • 家電
  • 建材
加工精度

±0.05~±0.3

試作納期

場合によって即日対応するケースあり。通常、納期の目安は平均1週間程度

特徴1

ISOクラス1(1m²に0.1ミクロンのホコリが10個以下)のスーパークリーンルームを完備、医療品分野などでマストとされる要件を満たした加工環境を持つ。

特徴2

PDMS(ポリジメチルシロキサン)成形や高精度の貼り合わせ加工、アッセンブリ、パッケージングまでワンストップで対応でき、短納期を実現。

シーエステックの
特徴を詳しく紹介

シーエステックに
フィルム加工を相談する

電話で問い合わせる

多彩な加工提案で選ぶなら

JOHNAN

JOHNAN株式会社公式サイト
引用元:JOHNAN株式会社公式サイト
https://www.johnan.com/
対応業界
  • 情報機器
  • エネルギー
  • 自動車
  • 医療
  • 半導体
  • 家電
  • 建材
加工精度

打ち抜き規格±0.1mm(実力値では±0.05)対応可能

試作納期

保有設備で対応可能な場合、最短当日出荷

特徴1

打ち抜き加工のみならず、貼り付け・貼り合わせ・スリット・ラミネート・脱泡など幅広い加工に対応でき、取り扱い材料も多岐にわたる。

特徴2

開発・試作段階から相談可能で量産試作~量産と製品開発を段階ごとにサポートでき、依頼企業の構内での製造・生産管理・設備のメンテなども受託可能。

JOHNANの
特徴を詳しく紹介

JOHNANに
フィルム加工を相談する

電話で問い合わせる

【選定条件】
「フィルム加工メーカー」で検索し、公式サイト内で「プレス加工」「打ち抜き加工」に対応していることを明記している54社から、最短当日出荷が可能で、加工精度を明記し、さらに高機能フィルムにも対応する3社を選定。
(2022年2月9日時点)

【必見】事例紹介あり! 高機能フィルムの加工 必要な設備や技術とは?