住宅

住宅の窓や壁、床には、防汚、紫外線カット、飛散防止などを目的とした機能性のフィルムが使われています。また、建材や建具、什器の運搬や施工中の傷を防ぐために、保護フィルムが使われています。

窓でフィルムが使われている事例

窓フィルム
引用元:司産業公式HP 
(https://tsukasasangyo.com/?post_type=lp&p=1086)

省エネルギー住宅がスタンダードになりつつある現在、窓からのエネルギーロスを抑えることが必須になっています。熱反射フィルムは、日射による熱の侵入を防ぐことで冷房効率を高めます。窓用フィルムとしては、ほかにも紫外線の侵入を防いだり、ガラスを破りにくくして防犯効果を高めたり、また目隠しや災害時の飛散防止といった機能を持つものが活用されています。

窓で使われやすいフィルム素材

窓用のフィルムには、PETフィルムや塩化ビニル系のフィルムを使ったものがあります。粘着剤にはアクリル系樹脂が用いられており、粘着面に格子状のエア抜き溝をつけることで気泡を残りにくくするなどの工夫がなされています。

参照元:司産業公式HP(https://tsukasasangyo.com/?post_type=lp&p=1086)

製造業において、Quality(品質)、Cost(コスト)、Delivery(納期)は重大3要素です。
当サイトでは特に品質と納期にフォーカスしてフィルムプレス加工メーカーを調査し、各社の技術力を比較しています。ぜひ業者選びの参考にしてください。

短納期・高性能なフィルム加工メーカー3選

内装

内装でフィルムが使われている事例

内装フィルム
引用元:三協化成産業公式HP 
(https://www.sankyo-kasei.co.jp/film/)

住宅の内装では、壁紙や床材にフィルムが使用される例が多くあります。壁紙に防汚フィルムをラミネート加工したものは、落書きをされても水拭きで落とすことができ、お子さんがいる家庭で重宝されます。床材では、木目を印刷した樹脂シートを合板に貼った化粧シート床材などが使われています。また、壁紙や床材を施工する際には、フィルム状の粘着剤が使用されるケースが増えてきました。

内装で使われやすいフィルム素材

PVCは、壁材や床材として古く使われてきた素材です。また最近では、ポリプロピレンやポリエチレンといったオレフィン系の樹脂がよく使われます。接着には、アクリル系の粘着剤が多く用いられています。

参照元:三協化成産業公式HP(https://www.sankyo-kasei.co.jp/film/)

キッチン

キッチンでフィルムが使われている事例

キッチンに設置される調理台やカウンターは人工大理石やステンレス、シンクはステンレス製が主流です。ステンレスも人工大理石も熱や傷、酸に強い材質ですが、運搬中や設置作業中にほかの建材とぶつかったり擦れたりすることは避けなくてはいけません。そのため、カウンタートップなどを運搬・施工する際には、フィルムを貼って表面を保護しています。

キッチンで使われやすいフィルム素材

表面保護用のフィルムにはポリオレフィン系のPP、OP、LDPE、HDPE、PEや、PVCが使用されています。粘着剤は、糊残りや汚れで表面の見た目や質感を損なわないよう、保護したい材質に合わせてアクリル、シリコン、ウレタンなどから選択されます。

参照元:三協化成産業公式HP(https://www.sankyo-kasei.co.jp/film/)

【用途別】フィルム加工部品について
詳しくチェック

QCDを叶える
おすすめフィルムプレス加工メーカー3選

加工済みフィルムの
使用事例をチェック

最短当⽇出荷・
⾼機能フィルム加⼯可能な
プレス加⼯メーカー3選

難加工対応の実績で選ぶなら

オーティス

オーティス株式会社公式サイト
引用元:オーティス株式会社公式サイト
https://otis-group.com/
対応業界
  • 情報機器
  • エネルギー
  • 自動車
  • 医療
  • 半導体
  • 家電
  • 建材
加工精度

公差実力値±0.05mm程度(素材・形状による) 参照元:オーティス公式HP(https://otis-group.com/blog/290/

試作納期

社内保有素材の場合は最短即日納品可能(目標6時間)

特徴1

自社開発の生産設備を多数持ち、金型・治工具の内製化ができる体制により、開発・試作~量産と、製品開発を段階ごとにサポートできる。

特徴2

今後、より求められる技術ニーズを捉えた、フィルムや金属箔などの加工実績があり、歩留まりの改善・難加工材への対応を実現

オーティスの
特徴を詳しく紹介

オーティスに
フィルム加工を相談する

電話で問い合わせる

高クリーンレベルで選ぶなら

シーエステック

シーエステック株式会社公式サイト
引用元:シーエステック株式会社公式サイト
https://www.cstec-jp.com/
対応業界
  • 情報機器
  • エネルギー
  • 自動車
  • 医療
  • 半導体
  • 家電
  • 建材
加工精度

±0.05~±0.3

試作納期

場合によって即日対応するケースあり。通常、納期の目安は平均1週間程度

特徴1

ISOクラス1(1m²に0.1ミクロンのホコリが10個以下)のスーパークリーンルームを完備、医療品分野などでマストとされる要件を満たした加工環境を持つ。

特徴2

PDMS(ポリジメチルシロキサン)成形や高精度の貼り合わせ加工、アッセンブリ、パッケージングまでワンストップで対応でき、短納期を実現。

シーエステックの
特徴を詳しく紹介

シーエステックに
フィルム加工を相談する

電話で問い合わせる

多彩な加工提案で選ぶなら

JOHNAN

JOHNAN株式会社公式サイト
引用元:JOHNAN株式会社公式サイト
https://www.johnan.com/
対応業界
  • 情報機器
  • エネルギー
  • 自動車
  • 医療
  • 半導体
  • 家電
  • 建材
加工精度

打ち抜き規格±0.1mm(実力値では±0.05)対応可能

試作納期

保有設備で対応可能な場合、最短当日出荷

特徴1

打ち抜き加工のみならず、貼り付け・貼り合わせ・スリット・ラミネート・脱泡など幅広い加工に対応でき、取り扱い材料も多岐にわたる。

特徴2

開発・試作段階から相談可能で量産試作~量産と製品開発を段階ごとにサポートでき、依頼企業の構内での製造・生産管理・設備のメンテなども受託可能。

JOHNANの
特徴を詳しく紹介

JOHNANに
フィルム加工を相談する

電話で問い合わせる

【選定条件】
「フィルム加工メーカー」で検索し、公式サイト内で「プレス加工」「打ち抜き加工」に対応していることを明記している54社から、最短当日出荷が可能で、加工精度を明記し、さらに高機能フィルムにも対応する3社を選定。
(2022年2月9日時点)

【必見】事例紹介あり! 高機能フィルムの加工 必要な設備や技術とは?